ブライドルセカンドバッグ ココマイスター

英国馬具革で作られた堅牢な佇まい ブライドルセカンドバッグ

ブライドル セカンドバッグ 正面画像

 

2012年辺りにはもうすでに販売されてたブライドルセカンドバッグ。
今ではすっかりココマイスターのセカンドバッグ部門で定番となっている商品です。

 

ブライドルセカンドバッグの紹介の後、3つのセカンドバッグの比較をしています。

 

 

数あるブライドルレザー、別格といえる品質のものを使っているブライドルセカンドバッグ

 

ブライドルレザーと一言でいっても非常に幅が広くその種類は様々あるといいます。
ココマイスターが選ぶブライドルレザーはその中でも別格の品質のものを選んで使用しています。

 

その信頼性の高いブライドルレザーで作られたブライドル セカンドバッグは、様々なカラーがある上に軽すぎず重すぎないという点もあり、お仕事やプライベート、また冠婚葬祭などシーンを選ばず活躍してくれるバッグです。

 

得に50代以上の方が持つとバチッと決まりますね。

 

 

持ち手の長さが変えられるが長くはない

持ち手は完全に固定されておらず、13cm〜23cmに長さ調整が可能。

 

ただ、最大に伸ばしても手首を入れてぶら下げて持つには短めな感じがします。手首を通せないことはありませんが、ちょっと窮屈になります。
指を通して持つスタイルか、握るスタイルになるでしょう。

 

鞄の底部は丸みを帯びた設計になっていて、抱えて持つ際も手にフィットします。

 

 

使うシーンを選ばないカラーが人気

ブライドルセカンドバッグをお仕事用や冠婚葬祭で使うことを想定している方が多いです。

 

人気カラーは暗めの感じのブラック、ロイヤルブラウン、ダークネイビー、モスグリーンといったところです。

 

ブラックを除く3色に関しては、部屋の中では黒に見間違えてしまうほど色味が深いという意見が多く、明るい外に持ち出せばロイヤルブラウン、ダークネイビー、モスグリーンとすぐにわかるレベルになります。

 

画像を見て4色とも答えがお分かりになりますか?結構難しいですよね。

 

乾拭きや、油分クリームの塗布程度のお手入れをしていくことで艶感も出てきて経年変化が楽しみな英国ブライドルレザー。
内装の高級素材のウルトラスエード、裁縫の正確さや革断面のコバ処理、小さなバッグの中にも職人技が随所に見られる完成度の高いセカンドバッグです。

 

6万円という価格は安くはありませんが、それに似合ったパフォーマンスを長年に渡ってしてくれます。

 

 

ブライドル セカンドバッグ スペックや購入に関する情報

サイズ・重さ

縦17.0cm
横26.0cm
厚さ7.0cm
重さ約449g

機能【収納】

内装:カード用ポケット1
ペンホルダー2

 

外装:フリーポケット1

素材

本体:ブライドルレザー
内側:ブライドルレザー・ウルトラスウェード

 

金具:金サテー

カラー

ブライドル セカンドバッグ カラー種類

上段左より:ブラック・モスグリーン・ロイヤルブラウン・ダークネイビー
下段左より:ロンドンキャメル・スイスレッド・ヘーゼル

価格

60,000円(税込み)

年代別購入層

ココマイスター公式WEBサイトでのブライドル セカンドバッグの購入者レビュー数493件を参考(2019年11月現在)

 

30代から60代の方が多めです。
20代の方の購入も多いですが、プレゼントでという方が目立ちます。

使うシーンや用途・購入のきっかけ

◆購入者レビュー内から使うシーンなどを調査◆
  • 冠婚葬祭用に購入
  • ビジネス用に購入
  • 就職を前にした息子へのプレゼントで購入
  • 仕事やプライベート、冠婚葬祭など幅広く使いたい
  • 取っ手の部分が可動式で長さを調整できるのが気に入ったから
  • プレゼントで購入
  • 仕事で銀行回りをするときやプライベートでのちょっとした外出に使いたい
  • 携帯と財布位しか普段持ち歩かないのですが、それをポケットに入れておくのが嫌になったのでこのバッグを購入しました
  • 自分へのご褒美で買った

取扱い店舗

 

WEB通販ココマイスター>>

 

銀座並木通り店>>

 

神戸旧居留地店>>

 

名古屋栄店>>

 

現在、ブライドル セカンドバッグはこの4箇所で確実に取り扱いがあります(品切れの場合は除く)。
銀座店に関しては、鞄類は入れ替え制のため取り扱いがない場合があります。

 

遠方の方は詳細をご確認の上、公式WEB通販サイトでの購入をオススメします。

 

 

プルキャラック ジーベック・クラシックコードバン セドリック 2種の新たなセカンドバッグ

 

この小脇に抱えるタイプのセカンドバッグは、つい最近までこのブライドルセカンドバッグのみでした。ですが、

 

2018年の11月にプルキャラックシリーズからプルキャラックジーベックが発売。

 

2019年の11月にはコードバンのシリーズからクラシックコードバン セドリックが発売。

 

2019年末時点でセカンドバッグは3種類となりました。

 

【プルキャラック ジーベック】


■大航海時代を現代へ復活させるという夢と希望をを乗せたキャラック船「COCOMEISTER」号を表現しているコンセプト力の強いプルキャラックシリーズからのセカンドバッグ。
イタリアのサンタ・クローチェ・スッラルノ産 最高級プルアップレザーNEVADAを外装に使用しています。

 

 

【クラシックコードバン セドリック】


■モダンさとクラシックさを併せ持つのがこのセドリック。「セカンドバッグはこう持つ」のようにカッチリしたスタイルも良いけど、手でぶら下げるスタイルでこなれ感やラフ感を出すなど、今風な感じのセカンドバッグスタイルをどんどん取り入れていこうという提案もしてくれています。

 

 

3つのセカンドバッグを比較

 

各セカンドバッグ、主に違うところを中心に比較していきます。

 

 

まずはココマイスターの命!皮革と値段についてです

ブライドルセカンドバッグ プルキャラックジーベック クラシックコードバンセドリック
●ブライドルレザー(イギリス・牛革) ●プルアップレザー(イタリア・牛革) ●コードバンクラシック(国産・馬革)

●アマンデルレザー(ベルギー・牛革)

●ブライドルレザー

●ウルトラスエード

●プルアップレザー

●ウルトラスエード

●コードバンクラシック

●アマンデルレザー
●ウルトラスエード

硬め 比較的柔らかい ブライドルレザーよりかは柔らかい
ロウが無くなり、その後色濃く、さらにツヤが出てくる 色濃く、さらにツヤが出てくる ロウが無くなり、その後色濃く、さらにツヤが出てくる
60,000円 87,000円 94,000円

※価格は税込みです

 

まず、使われている皮革を見ますと希少さが値段に繁栄している感じは受けます。やはり国産コードバンは希少性が高く、とれる量も限られているため他の皮革に比べ高価です。プルアップレザーもイタリア最高級のものを使っているため比較的高価です。ブライドルレザーは供給がまだ安定していると思われますが、ココマイスターブライドルはもちろん他に流通していないオリジナルレザーですので、品質は最高級です。

 

内装の素材について

表の2段目は内装の素材についてなのですが、主にメイン皮革と東レのハイクラススエード素材が使われています。このウルトラスエードは3つのセカンドバッグ共に使われており、ココマイスターの鞄内装の信頼の定番素材となっています。
またコードバンクラシックセドリックにのみ、ベルギー産の高級皮革であるアマンデルレザーが内外に使われており、こちらもココマイスターが一目置く良質な皮革です。

 

皮革の硬さについて

表の3段目は皮革の硬さについてです。ブライドルレザーは繊維を引き締める工程などで革は硬めであり堅牢さがあります。コードバンは元々硬い革ですが、使い込むごとに馴染んできて柔らかくなる変化を感じてくるでしょう。プルキャラックジーベックのプルアップレザーは比較的柔らかめに仕上がっています。

 

エイジング(経年変化)について

表の4段目はエイジングについてです。本革の醍醐味であるエイジングですが、ブライドルレザーとコードバンに関しては、ツヤや馴染み感は出てきますが、劇的な変化というのは無いように個人的に思います。一方プルアップレザーは植物タンニン鞣しの製法で作られた皮革なので、色味の変化は2つの皮革にくらべ顕著です。

 

 

 

サイズ感の比較

ブライドルセカンドバッグ プルキャラックジーベック クラシックコードバンセドリック
外寸

縦17cm
横26cm
底厚み7cm

外寸

縦18cm
横26cm
底厚み6.8cm

外寸

縦18.3cm
横26cm
底厚み7.2cm

内寸

縦15cm
横23.5cm
底厚み5.7cm

内寸

縦16.6cm
横23cm
底厚み5.3cm

内寸

深さ17.5cm
横24cm
底厚み6cm

持ち手の長さ

13cm〜23cm(調整可)

持ち手の長さ

36cm(全長)

持ち手の長さ

38cm(全長)

約449g 約595g 約490g

 

外寸の横サイズは全て同じ

外寸の横サイズは3つのバッグすべて26cmと同じです。
コードバンクラシック セドリックの縦と厚さサイズが少し長い為、ブライドルとプルキャラックに比べひと周り大きく感じます。

 

メイン収納部の容量が多いのはコードバンクラシック セドリック

表の2段目の内寸を見ると、コードバンクラシック セドリックが一番容量があることがわかります。ほんの数センチ、数ミリの差ですが、内寸は入れたいものが増えてきたときに重要です。

 

手首を入れて持ち歩きたいなら、プルキャラックかコードバン

表の3段目、持ち手の長さについてですが、ひったくり防止などで持ち手に手首を通して持ち歩きたい場合、プルキャラックかコードバンの持ち手の長さが必要になります。
ブライドルセカンドバッグの持ち手の長さ(最大23cm)では、握る程度しかできません。無理矢理手首を入れられるかもしれませんが、ちょっと腕が痛いかも。

 

プルキャラック ジーベックはやはり重め

重さに関してですが、被せ仕様や鍵付きタイプということでプルキャラック ジーベックが一番重さがあります。ただ重めといっても100g〜150gの差なので、そういうものだと思っていれば何も問題ないかもしれません。

 

 

 

収納箇所の比較

ブライドルセカンドバッグ プルキャラックジーベック クラシックコードバンセドリック
【外装】

フリーポケット1

【外装】

錠前付きファスナーポケット1

【外装】

フリーポケット1
ファスナーポケット1

【内装】

カードポケット1
ペンホルダー2

【内装】

ファスナーポケット1
鍵ホルダー1

【内装】

ファスナーポケット1

 

外装ポケットは3つのセカンドバッグすべて個性が違う

●ブライドルセカンドバッグに関しては前側に縦にポケットがあります。
●プルキャラック ジーベックに関しては前面部分にポケットがあるのですが、鍵を外して被せを開けてやっとファスナーが開けられるという状態になります。
●コードバンクラシック セドリックに関しては前面のファスナーポケットと、背面に縦にポケットがあります。

 

単純にポケットの数という面ではコードバンクラシック セドリックが2つで多いです。

 

 

内装収納、カードケースやペンホルダーがあるのはブライドルセカンドバッグだけ

ブライドルセカンドバッグにのみ、上記の画像のようなカードケースやペンホルダーが付いています。交通系ICカードなどを入れるのにも便利です。
プルキャラック ジーベックとコードバンクラシック セドリックはファスナー付きポケットが内側にもあります。ファスナー付きポケットは何かと安心感がありますよね。

 

 

 

セカンドバッグに入れるとさらに男前度アップ!?相性の良い薄くスタイリッシュなココマイの商品

基本的にセカンドバッグは容量は少な目で必要最低限のものをスタイリッシュに入れたいですよね。
ここでは、ココマイスターで販売されている薄いタイプや小さな革小物を紹介します。セカンドバッグのお供にどうぞ。

 

 

 

ブライドルセカンドバッグと同じシリーズからオススメ2品

●ブライドル アルフレートウォレット

英国ブライドルレザーとイタリア産の高級ヌメ革で作られたV字マチ長財布
縦9.5cm×横19.2cm×厚さ2.0cm
31,500円

●ブライドル キーケース

もはや定番になっているココマイスターの人気キーケース
縦10.9cm×横6.0cm×厚さ2.0cm
14,000円

 

 

プルキャラック ジーベックと同じシリーズからオススメ2品

●プルキャラック カラブリア

イタリア産プルアップレザーを財布の内外に使ったV字マチ長財布
縦9.8cm×横19.2cm×厚さ2.3cm
37,000円

●プルキャラック ティベリオ

使い勝手の良い手の平サイズの小銭入れ
縦7.6cm×横11.8cm×厚さ1.9cm
18,500円

 

 

コードバンクラシック セドリックと同じシリーズからオススメ2品

●コードバンクラシック ソードダンサー

国産コードバンとベルギー産アマンデルレザー仕様のV字マチ長財布
縦9.4cm×横19.0cm×厚さ2.1cm
64,200円

●コードバンクラシック コマンド

日本最高級コードバン皮革を使った英国クラシック競争よりインスパイアされたオーナーの夢を乗せた名刺入れ
縦7.5cm×横11.0cm×厚さ1.5cm
27,800円

※価格は税込みです

 

>>ココマイスターのすべての商品を見に行くにはこちら

 

 

 

ココマイスターのセカンドバッグのまとめ!

 

ココマイスターのセカンドバッグを3つ比較してみましたが、どれも個性があってカッコよくて迷っちゃいますよね。

 

価格面や今の人気度で考えるなら安定のブライドルセカンドバッグかなとも思いますが、WEBでは売り切れ中が多くて中々手に入れるのにもタイミングが大事です。実店舗が近い方であれば在庫を確認後行ってみるのをオススメします。

 

容量やポケットの数が多いほうが良いって方はコードバンクラシック セドリック。コードバンの耐久性やスタンダードで飽きのこない形ということで、適度なお手入れと無茶な使い方をしなければ恐らく一生モノです。

 

プルキャラック ジーベックはイタリアっぽさを感じる個性派。チョイ悪オヤジ的なイメージも感じますね。鍵付きというところも差別化できるポイントです。

 

 

個人的に思う売れ行きランキング

 

ブライドルセカンドバッグ

 

コードバンクラシック セドリック

 

プルキャラック ジーベック

 

今の人気順位はこんな感じかな〜と思います。セドリックはこれからさらに伸びてくる感じがします。
おそらく再販回数も多くはないと思うので、欲しいと思ったときに在庫があったらそれはもう「買い」のサインです。

 

 

>>もっとココマイスターのセカンドバッグの画像を見に行く

 

 

 

 

 

 

ブライドル セカンドバッグの関連商品


■プルキャラック ジーベック 全3色
イタリア最高級プルアップレザーの見事な発色。困難を乗り越えるという強いメッセージ性があるセカンドバッグです。
87,000円
プルキャラック ジーベックのページへ>>


■ブライドル ロイヤルクラッチ 全8色
気軽に荷物を持ち運べるA4サイズも余裕で収納のクラッチバッグ
105,000円
ブライドル ロイヤルクラッチのページへ>>


■ブライドル ミニダレス 全7色
セカンドダレスバッグとしてちょうど良いサイズ感。
153,000円
ブライドル ミニダレスのページへ>>