カルドミラージュプラテリア いいとこ取りのボストンダレス

カルドミラージュプラテリア これまでにないカラーも展開 カジュアルスタイルなボストンダレス

銀座店での先行発売を経て

 

2019年11月18日

 

WEB通販での取り扱い開始!

 


カラーは画像左より:ハマダ・ラムル・サハラ

 

 

ボストンバッグって、他のカバンに比べて中身が見やすいし、たくさん入るし、なんか安心感があってとても好きなんです。

 

ココマイスターのボストンバッグの中で一番のお気に入りは、色んな面を考慮してマルティーニ トランジットが一番いいな〜と思っていたけど、カルドミラージュプラテリア。こんなん出て来たから、一気に気持ちがこっちに移った。

 

ハマダ。この名称は別としてこのグレーはめっちゃカッコイイ。これまでココマイスターではなかった色。

 

中の色も開けた瞬間、ギラ〜ン!って感じのオレンジです。

 

 

 

外側メインのワイルドバケッタレザーと呼ばれるこのイタリアンレザーは霧がかったようなスモーキーな風合いが新しく、皮革をアップで見てみれば、適度なシボも確認できますね。

 

 

バケッタと言えば、ココマイスターではマットーネやマルティーニといった有名イタリア皮革が生まれた製法のこと。
千年以上も歴史のある伝統老舗タンナーの植物タンニン鞣しのアナログ製法ですね。

 

きっとエイジングも顕著で深みが増していくんでしょうね。

 

 

ボストンダレスとはよく考えたものだ

 

このカルドミラージュプラテリアの特徴の一つ、開口部がダレスバッグのように開くようになっているのも良いですね。

 

皮革がクタッっとなって物を入れるときに狭くなってしまうイライラなどが起きません!

 

でもダレスバッグのようにカチッとし過ぎた感はなく、柔らかいタイプのワイヤーがクルっと一周入れているようで、あくまでボストンバッグのカジュアルさを優先した作りになっているのだそう。

 

この線のところにワイヤーが入っていますね。

 

こういうとこがココマイスターはうまいな〜と思いますね。

 

 

カルドミラージュプラテリアのサイズは他のココマイのボストンバッグにはないオリジナルサイズ

 

ココマイスターでボストンバッグといえば、マルティーニシリーズから3種類、マットーネシリーズから3種類と計6種類あります。

 

この7種類目となるカルドミラージュプラテリアは大きさ的にはどのクラスなのかと思い比べてみましたが、どのクラスにも属さないオリジナルサイズになるというのが答えです。

 

カルドミラージュプラテリア

縦31cm 最大横幅43.5cm 底横幅16cm
マルティーニキングファーガス

縦29cm 最大横幅51.5cm 底横幅26cm
マルティーニトランジット

縦29cm 最大横幅45cm 底横幅20.5cm
マルティーニダニエルオルーク

縦29cm 最大横幅38cm 底横幅17cm

ちなみにマルティーニシリーズとマットーネシリーズのボストンは大中小3つずつありますが、各サイズ大きさは同じです。ですのでマルティーニシリーズのみで比べています。

 

 

カルドミラージュプラテリアの縦サイズはどれよりも2cm高く

 

最大横幅はマルティーニ トランジットに近く、
底横幅はマルティーニ ダニエルオルークに近い。

 

同じボストンといえども、形状が異なるのでサイズだけでどうこう言えるものではありませんが、

 

カルドミラージュプラテリアは大きくもなく小さくもないスタイリッシュなボストン

 

このように言えるのではないでしょうか。

 

 

カルドミラージュプラテリアの詳細や購入できる店舗

サイズ・重さ

【外寸】
縦31.0cm
最大横43.5cm
底横33.0cm
底厚み16.0cm
重さ約1050g

 

【内寸】
深さ30.0cm
最大横幅43.0cm
底横幅35.0cm ←?ちょっと外寸と比べておかしな数値になっています。公式WEBサイトでの表記が間違っているのかもしれません。

機能【収納】

外装:ファスナーポケット1

 

内装:フリーポケット2
ファスナーポケット1

素材

外装:カルドミラージュ
内側:カルドミラージュ・ウルトラスエード
金具:ブラックニッケル

カラー

ハマダ・ラムル・サハラ

価格

120,000円(税込み)

使うシーンや用途・購入のきっかけ

◆購入者レビュー内から使うシーンなどを調査◆

調査中...

取扱い店舗

 

WEB通販ココマイスター>>

 

銀座並木通り店>>

 

神戸旧居留地店>>

 

名古屋栄店>>

 

銀座店はカバン類は入れ替え制のため、取り扱い有無は電話確認がオススメ。

 

現在、カルドミラージュプラテリアはこの4箇所では確実に取り扱いがあると思われます。実店舗では確実なのは3店舗しかないという言い方もできますので、遠方の方は詳細をご確認の上、公式WEB通販サイトでの購入をオススメします。

 

 

カルドミラージュプラテリアのポイントをさらにいくつか

 

●内装のカラーが渋い
外装がシルバーカラーのハマダを初めて見たときは、ココマイスターもついにグレーを出してきたか!と興奮したのですが、やっぱ内装もイケてるカラー使ってますよね。刺激的なオレンジカラーであったり、ラムルの内装の何とも言えないブルーカラーはとても個性的ですね。ココマイスターの商品は内装カラーが素敵なものが多いです。
カルドミラージュプラテリア内装カラー

 

 

●ココマイスターブランドのロゴも渋い
このココマイスターのロゴは比較的新しいロゴで、ここ最近のシリーズから使われているものです。
さりげないながらも、ココマイスターブランドをアピールできますね。きっとこのブランドロゴマークは多くの人に知れ渡っていくのでしょう。

 

 

 

カルドミラージュプラテリアは、まだ新しいので世間にほとんど出回っていない商品です。

 

ボストンバッグでの売れ行きも上がってきそうだし、人気が出てくるのは間違いなさそう。
まだあなたの周りに持っている人はいないでしょうから、キメキメのチャンスですw

 

実店舗へ行ってみるか、公式WEBサイト でゲットしちゃいましょう!